健康経営宣言と推進体制

健康経営宣言

東急プロパティマネジメント株式会社は「快適な街を支えるプロフェッショナル」という経営理念を実現するために、私たち一人ひとりが健康で活き活きと働く職場環境の整備に、会社全体が組織的に取り組んでいきます。
私たちが「プロフェッショナル」であり続けるために、「健康」は欠かすことのできない重要な柱であり、最優先で取り組むテーマです。「笑顔が生まれる美しい空間」は、それを担う私たち自身が心身ともに健康で、活き活きと笑顔で働くことなくして、創り出すことはできません。
当社は2020年度を「健康経営元年」と位置付け、健康経営元年のキックオフ宣言をするとともに、健康経営推進の取り組みの4つの柱を定めました。

取り組みの4つの柱

健康経営推進のマイルストーンとして、経済産業省「健康経営優良法人認定制度」の認定を目指し、4つの項目を柱に、具体的な施策の検討、導入を進めます。


健康経営宣言と推進体制の確立

健康経営を推進する「健康経営宣言」を行い、社内にCHO(Chief Health Officer=最高健康責任者)をトップとする推進体制を確立します。

健康管理の促進

定期健康診断100%受診に加え、事後措置や特定保健指導の実施率向上、メンタルヘルスケア教育体制の強化(研修実施、資格取得推進等)を図ります。

健康維持・増進

食事・運動等の生活習慣をサポートする仕組み・施策の導入と禁煙対策を推進します。2020年4月施行の改正健康増進法を踏まえ、各職場における受動喫煙防止に取り組み、その一環として本社の喫煙コーナーを撤去し、本社勤務者を対象とした禁煙支援を行います。

働きやすい職場環境づくり

労働災害ゼロを目指す「安全」、長時間労働是正を目指す「衛生」の取り組みを継続・強化するとともに、柔軟な働き方の制度拡充、仕事と育児介護の両立支援等のワークライフバランス施策に積極的に取り組みます。

2020年3月12日

推進体制

健康経営の取り組みを着実に推進するため、最高健康責任者(CHO)を安全衛生管理体制に定める中央総括安全衛生管理者(人事担当役員)と定め、CHOをトップとした健康経営推進体制によって、従業員の健康維持と増進を図ってまいります。